:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送対外関係(2021-11-10)台湾の国連脱退から50年

  • 10 November, 2021
対外関係
1971年10月25日、中華民国が国連を脱退。中華民国代表団の劉鍇・国連大使(通路を歩いている列の前から1人目)、楊西崑・外交部政務次長(前から2人目)らは、「中国」の代表権をめぐるアルバニア決議案(2758号決議案)の採択が行われる前に国連の大会議場を離れた。(写真:国連のホームページ)

台湾の国交国、バチカンが中国大陸と外交関係樹立を交渉

中国大陸がバチカンに台湾との断交を要求

バチカンはまず北京に在外施設を開設してから交渉、中国大陸は受け入れず

台湾の外交部、バチカンとの友好関係を強化

 

呉釗燮・外交部長がヨーロッパ訪問、権威体制への共同での対抗を呼び掛け

 

龔明鑫・行政院国家発展委員会主任委員が経済訪問団66人と中東欧を訪問

チェコと5項目の投資覚書に調印

科技部に所属の国家実験研究院、リトアニアと宇宙開発で提携

 

台湾の国連脱退から50年

外交部、国連に台湾の受け入れを呼び掛け

中国大陸の国連加盟50年、習近平氏は談話で台湾に触れず

アメリカのブリンケン国務長官、台湾の国連参加を支持

 

中国大陸が台湾を侵略すれば台湾を守るか、バイデン大統領「そうだ。そのような約束がある」

バイデン大統領の台湾防衛発言、アメリカ・ホワイトハウス「対台湾政策に変化はない」

Program Host

関連のメッセージ