:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ウーロンブレーク(2021-09-30)王湘芸「孩子(愛する我が子よ)」

  • 30 September, 2021
ウーロンブレーク(木曜日)
(写真:Streetvoiceより)

一人暮らしの人が実家に帰る頻度は、どのくらいがちょうどいいと思いますか?

この問題の答えは、きっと人それぞれ違うでしょう。しかし、実家に帰る頻度がどれほど低くても、変わらないのは、いつも暖かく迎えてくれている家族です。

今週は、台湾の原住民族、パイワン族の女性歌手、王湘芸(Rachel Wang/レイチェル・ワン)が、離れた土地で暮らす子供を思って創作した、パイワン族語の歌「孩子(愛する我が子よ)」をお送りいたします。

この歌は、ただ「愛する我が子よ。元気に過ごしているのか?いつ帰ってくるのか?」と歌詞を繰り返していて、歌詞と歌詞の合間に、パイワン族語の子守唄が挟まれています。とてもシンプルな歌ですが、子供に会いたいという親の強い気持ちが伝わる一曲です。実家にいる家族も、もしかしてこのように自分の帰りを待っているのではないか、と考えさせられます。

(編集:曽輿婷/王淑卿)

 

関連のメッセージ