:::

フォト台湾

与党・民進党の主席を兼務する蔡英文・総統が20日、民進党の主席として日本の自民党総裁選に立候補している高市早苗議員とビデオ通話で会談した。  蔡・総統は電話会談の中で、日本の関係者が「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」など自由貿易協定への台湾参加に協力するよう呼びかけた。それに対して、高市議員は「CPTPP参加の前提となる諸問題を解決することも含めて、日本は参加を支持し、それに向けてできる限りの支援をしたいと考えている」と話した。(写真:民進党提供、CNA)
与党・民進党の主席を兼務する蔡英文・総統が20日、民進党の主席として日本の自民党総裁選に立候補している高市早苗議員とビデオ通話で会談した。 蔡・総統は電話会談の中で、日本の関係者が「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」など自由貿易協定への台湾参加に協力するよう呼びかけた。それに対して、高市議員は「CPTPP参加の前提となる諸問題を解決することも含めて、日本は参加を支持し、それに向けてできる限りの支援をしたいと考えている」と話した。(写真:民進党提供、CNA)
蔡英文・総統(右から二人目)がフェイスブックに投稿し、先日、台湾中部・南投県竹山鎮の消防署訓練センターを訪れ、消防士と災害救助犬による救助訓練を視察したと書き、1999年9月21日、南投県集集鎮で発生した、マグニチュード7.3の大地震「921大地震」から22年、人々は当時の教訓を生かして、インフラ建設を強化し、科学技術を活用して、災害時の強靭性を高めていると評価した。(写真:蔡英文・総統のフェイスブックより)
蔡英文・総統(右から二人目)がフェイスブックに投稿し、先日、台湾中部・南投県竹山鎮の消防署訓練センターを訪れ、消防士と災害救助犬による救助訓練を視察したと書き、1999年9月21日、南投県集集鎮で発生した、マグニチュード7.3の大地震「921大地震」から22年、人々は当時の教訓を生かして、インフラ建設を強化し、科学技術を活用して、災害時の強靭性を高めていると評価した。(写真:蔡英文・総統のフェイスブックより)
中華民国空軍は空中戦力を高めるため、コードナンバー「鳳展專案(鳳展プロジェクト)」を実施し、現在保有しているF-16A/B型戦闘機141機をF-16V(Block20)型戦闘機にグレードアップする計画を始動した。(写真:CNA)
中華民国空軍は空中戦力を高めるため、コードナンバー「鳳展專案(鳳展プロジェクト)」を実施し、現在保有しているF-16A/B型戦闘機141機をF-16V(Block20)型戦闘機にグレードアップする計画を始動した。(写真:CNA)
フランスの政治と経済情報を報道するネットメディア「La Lettre A」の報道によると、中国の盧沙野・駐フランス大使から圧力をかけられても、元老院の台湾友好議員連盟のアラン・リシャール議員が率いる訪問団は10月初旬に台湾を訪問することが決定した。時間は、10月4日から11日までという。(Jacques Paquier, CC BY 2.0, Wikimedia Commons)
フランスの政治と経済情報を報道するネットメディア「La Lettre A」の報道によると、中国の盧沙野・駐フランス大使から圧力をかけられても、元老院の台湾友好議員連盟のアラン・リシャール議員が率いる訪問団は10月初旬に台湾を訪問することが決定した。時間は、10月4日から11日までという。(Jacques Paquier, CC BY 2.0, Wikimedia Commons)
9月21日は、1999年に発生した「921大地震」から22年に当たる日です。アメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台湾協会(AIT)がフェイスブックのファンページに、「台湾は各種の緊急事態に対応する能力を高め続けるとともに、国際社会にもその専門知識を共有している。台湾はインド太平洋地域における災害予防の指導者となっている。アメリカは台湾と手を携えて、世界各国のパートナーに協力して世界中の挑戦に対応することができ、とても誇らしく思っている」と書き込んた。(写真:AITのフェイスブックより)
9月21日は、1999年に発生した「921大地震」から22年に当たる日です。アメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台湾協会(AIT)がフェイスブックのファンページに、「台湾は各種の緊急事態に対応する能力を高め続けるとともに、国際社会にもその専門知識を共有している。台湾はインド太平洋地域における災害予防の指導者となっている。アメリカは台湾と手を携えて、世界各国のパートナーに協力して世界中の挑戦に対応することができ、とても誇らしく思っている」と書き込んた。(写真:AITのフェイスブックより)