:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ウーロンブレーク(2021-07-15)パイワン族の「伐樹歌(木こりの歌)」

  • 15 July, 2021
ウーロンブレーク(木曜日)
今回お送りする歌の歌手ではありませんが、台湾最南端、屏東縣泰武小学校のパイワン族の伝統歌謡の合唱団「泰武古謠傳唱」です。(写真:CNA)

今週は、主に台湾を南北に貫く山脈、中央山脈の南部に暮らしている原住民族、パイワン族の伝統歌謡、「伐樹歌(木こりの歌)」をお送りいたします。

まずは、歌詞を簡単に翻訳いたしましょう。

「相思樹の枝を切ろう。余分な枝を切って、鳥たちが巣を作る小枝を残そう。子孫たちの日除けの場所を作ろう。ここで、すべての人に告げよう。私の理想は、ここにあるすべての物事よりも高い。あなた達にも、高い理想を持ってほしい」ということです。

昔のパイワン族の男性にとって、木を伐採することは、とても大事な仕事だそうです。相思樹という木の剪定を通して、技術を高め、自分を磨くことの大切さを表している歌です。

それでは、パイワン族の伝統歌謡、「木こりの歌」をお聞きいただきましょう。去年10月に、台湾最南端、屏東県で行われた原住民族の芸術祭で披露された、合唱バージョンをお送りいたします。

(編集:曾輿婷/王淑卿)

 

関連のメッセージ